ITTO個別指導学院五井校のブログ

市原市五井の個別指導塾のブログ 「サービスレベルNo.1」「地域一番!感動教室!」五井の小中高生に「わかる感動」をお授けするべく奮闘しています。 住所:千葉県市原市五井中央西2-10-7勉強堂ビル2階 電話番号:0436-20-6770 HP:http://www.itto.jp/schools/kantou/chiba/goi.shtml

本日通常通り開校です

こんにちは

 

本日につきまして

ITTO個別指導学院 市原五井校です。
各種警報も解除されており、通常平日開校時間通り
16:00-22:00での開校とさせていただきます。

授業、自習などでお越しの際は
まだ強風が吹いておりますのでお気をつけてお越しください。

小学生入塾のタイミングを考える②

こんにちは

 

前回は小学生が塾に入る理由として
「学校の検定教科書よりハイレベルな思考力、記述力を試される問題にチャレンジしたい場合」をあげました。


本日は2つ目
「学校の授業が難しい、わからない」場合についてお話していきます。

小学生の場合、精神的な成長の差もあり
「低学年のうちは??だったけれども、高学年になり抽象的な考え方を受け入れられるようになったことで解決!!」という例は結構あります。

 

小4の時に計算のきまり(くふう表記の教科書も、計算の順序や分配法則など)
ができなかったとしても

小5で小数の計算をしたくなくて、2.5×〇の数値を覚えて勝手にクリアする子もいます
小6で3.14の計算をできるだけ回避するために、覚えてくれる子もいます
中1の分配法則でマスターする子もいます
中2の式の計算でマスターする子もいます
中3の展開と因数分解を学ぶことで初めて理解してくれる子もいます

別に高校生になれば小中学生の通知表は関係ないのですからいつマスターしたかは関係ありません。
(もちろん考え方を理解した時期の早さと数学の成績の相関関係はあるとは思いますが)

話を戻すと
小学生のうちにできていなくても後々に解決するものに関しては大らかでいても大丈夫なケースはあります。

逆に、すぐにでも塾に入れた方がいい場合
・小3~小4 割り算がスラスラできない場合
・小5「単位量当たりの大きさ」「割合」があやしい場合
・小6「比」「速さ」「比例」があやしい場合

割り算ができないと、小3から二年間分の文章題を無為に過ごすことになり
「AはBの〇〇倍」にあたるという考え方が欠如してしまいます。
それが欠如したまま小5以降の文章題にあたると、まるで穴の開いたスプーンでスープをすくう状態になってしまいます。
これでは本人がいい悪いではなく、算数の授業を学校で聞くのが苦痛でしかたなくなってしまいます。そして学校の授業は聞かないことが本人の中で当たり前になってしまうという負のスパイラルが始まってしまします。

小5、小6の各単元について
これらが穴となっていると、中学数学はもちろんつまづいてしまいます。

それどころか、地理や公民の統計資料が頭の中で意味をなさなくなり、脱暗記化が進んでおります、資料読解力などが試される中学社会でつまずいてしまいます。

もちろん質量パーセント濃度や密度、湿度やフックの法則、オームの法則
物質の化合比の計算、地震の波を用いた計算問題、遺伝で比を用いる問題
天体の運行の様子を計算で求める問題、その他物理全般
当たり前ですが、中学理科でもつまづいてしまいます。

以上のからわかります通り
・小3~小4 割り算がスラスラできない場合
・小5「単位量当たりの大きさ」「割合」があやしい場合
・小6「比」「速さ」「比例」があやしい場合

で引っかかっているタイミングが塾への入れ時です。

このタイミングでクリアしてあげないと、
高校受験において5教科中3教科が苦手科目ということに
本人が知らず知らずのうちになってしまうのです。
子どもはそんなことを知る由もありません。
将来の選択肢を減らさないためにも、上にあげましたところがあやしいかな?

そうお感じになったらぜひ塾通いをご検討ください。

 

小学生入塾のタイミングを考える①

こんにちは

 

市内公立小中生の生徒さんはそろそろ1学期が終わり、通知表の中身にやきもき

高校生1,2年生のみなさんは定期テストの足音が聞こえ始め

高3生のみなさんは、推薦やAOなどで教室がざわざわし始めるころかと思います

 

今日は

小学生が塾に入るお勧めのタイミングを考えていくお話し第一弾。

中学受験生は基本低学年を除き「受験を決めたらすぐ」ですので除外します。

今回は第一弾として

小学生が塾に通う理由のうちの一つ目を紹介します

 

それは

「学校の検定教科書よりハイレベルな思考力、記述力を試される問題にチャレンジしたい場合」です

 

下のグラフは平成28年度の千葉県公立入試における得点分布です

20161103024802

先の話ですが

「中学受験をしない⇒高校受験がある」わけです

グラフから推察すると、小学校のテストはまあ100点かな位だとせいぜい60点台に収まってしまう分布になっています

高校受験を考えたときに、若いうちから考え抜く力、試行錯誤力をつけておくことがやはり好ましいです

こういうこともあり、電車に乗って進学塾へ向かわれるであろう小学生を夕方五井駅でよく見かけるわけです

集団塾の場合、クラスにより曜日が固定されていますが、当塾であれば、習い事や送迎可能な曜日などに合わせて学習時間をお選びいただけます

お忙しい生徒さまにも同等の内容を学ぶことが可能となっています

 

次回は

塾に通う理由の2つ目

「学校の授業が難しい、わからない」場合について整理していきます

 

 

中学部:期末テストを終えて

こんにちは。

 

夏期講習

市内中学生はあけて9月の期末テスト

私立生、高校生は夏休み明けの様々なテスト

 

忙しい日々だったかと思います

ブログの更新ものびのびとなってしまい申し訳ございません。

 

中学生は期末テストで

5教科400点越え生徒さまの比率がが総中学生の25%

80点越えの得点をたたき出した生徒さまの比率が総中学生の67%

頑張ってくれました。

 

次は期末に向けて

中にはリベンジに燃える生徒さんもいらっしゃいます。

テスト返却時に顔がほころんでくれることを願い

目標に向けて年度後半戦スタートを切って参ります。

 

本日平常通り開校です

こんにちは。

 

お世話になっております。

関東地方への台風の接近も懸念されましたが

現在通常通り開校しております。

 

いつもより、風はやはり強く感じますので

授業、次週の折は安全第一でお越しください。

本日平常通り開校です

こんにちは。

 

お世話になっております。

関東地方への台風の接近も懸念されましたが

現在通常通り開校しております。

 

いつもより、風はやはり強く感じますので

授業、次週の折は安全第一でお越しください。

夏期講習!

こんにちは

 

千葉テレビにチャンネルを合わせると連日高校野球の熱戦が繰り広げられています!

地域柄、サッカー好きが身の回りにも多いのですが

この時期ばかりは高校野球が気になってしまいます

 

そんなさなか、夏休みは塾でも熱い?戦いが繰り広げられます

・受験生はもちろん、春の結果は今年の夏しだい!

・受験生以外は

 学校教科書内容から受験レベルへステップアップ!

 学校授業がストップしている間に復習でニガテ克服!

など各々の目標に向けての学習がスタートいたします

 

個別形式で生徒さまひとりずつオーダーメイドでプランを作成しますので

部活動引退後のお申し込みも残席ございます限り可能となっております

 

また、7月24日-8月31日につきまして開校時間が一部変更となります

 月-金 12:30-22:00

 土   12:30-18:30

 

 日曜日 8月14日から17日まで 休校日

お盆など休校日にご注意ください

また、自習での教室利用も歓迎しています!!

 

 

 

広告を非表示にする